HOME > KOBELCO GROUP 神戸製鋼グループ会社情報 > 株式会社コベルコ科研
募集職種
研究・開発 製造 試験・解析

あらゆる産業基盤を支える高度専門技術集団

株式会社コベルコ科研 コベルコ科研は1979年、神戸製鋼所の分析・試験業務を分離、独立した後、総合試験研究会社として発展した会社です。これまで、長年にわたり蓄積した豊富な技術とノウハウ、最新鋭の設備を駆使することでエネルギー、自動車、環境、エレクトロニクス、土木・建築など、広範囲な産業領域のお客様のご要望に応えてきました。
材料や構造物などの分析、解析、試験、測定から試作、製造、さらには薄膜ターゲット材の製造、半導体・FPD検査装置の設計・製作の機能を備え、課題解決型のサービスと共に、お客様の固有のニーズに適合する技術集約度の高い製品やシステムの提供で、ユニークな研究開発支援会社として高い評価を受けています。

神戸製鋼グループでの位置付け

当社は神戸製鋼グループの一員として、以下のポイントを軸にビジネス展開しています。
(1)独立事業会社として収益をあげています
神戸製鋼所以外のビジネス=神戸製鋼所以外の受注割合は約7割となっています。そのため自らビジネスを切り開いていくセンスが求められます
(2)高い技術を誇る神戸製鋼所の材料素材系事業を、分析・解析業務を通じて支えています
(3)神戸製鋼所の技術開発部門との共同研究なども行い、パートナーとして業務を行っています
(4)神戸製鋼グループ内でも、将来重要になるエネルギー資源関連などの成長分野に関わり、ビジネスを展開しています

当社の強み

(1)顧客の技術的課題解決につながる技術提案を行う、研究開発支援会社
メーカーの研究開発部門が主な顧客。社内では機械・材料・物理など実に様々な分野の専門家が活躍し、顧客の研究・開発・生産における技術的課題や問題に対して、解決策を提案する
(2)先進分野を支える材料技術、先進の製造工程をサポートする検査装置
薄膜ターゲット材料の開発・製造や半導体検査装置の設計・製造、顧客のニーズに合わせた装置を開発
(3)技術者のプロフェッショナル意識を高め、熱意を育てる充実の教育研修体系
技術者のスキル向上の為に、当社の高度技術者が担当する専門技術研修は分野毎に多くの講座を開設し、従業員であれば誰でも自由に受講が可能

会社概要

事業内容 研究開発支援、薄膜ターゲット材料及び半導体検査装置の開発製造
創業設立 1979年6月1日
本社所在地 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
事業所 ◇技術拠点/兵庫県、千葉県、神奈川県、三重県、山口県
◇営業拠点/北海道、宮城県、栃木県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、沖縄県
◇海外/タイ
代表者 代表取締役社長 宮脇 新也
資本金 3億円
売上高 247億円(2016年3月期)
従業員数 1,399人(2016年4月)
会社ホームページ http://www.kobelcokaken.co.jp/

募集要項

給与 大学院(博士)  255,000円
大学院(修士)  230,000円
大学・高専専攻科 203,900円
高等専門学校   180,920円
待遇 昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月、12月)
福利厚生 寮・社宅制度、給食制度、財形貯蓄制度、教育融資制度、各種団体保険、保養所利用制度(鬼怒川、淡路島、由布院)、育児休暇、介護休暇制度 など
教育制度 新入社員研修、専門技術研修、階層別研修など
勤務時間 9:00~17:30(フレックスタイム制度有り)
一部事業所は8:30~17:00
休日休暇 完全週休2日制、年間休日119日、有給休暇年間20日(半日休暇取得可)
夏季休暇、年末年始休暇、福祉休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇
勤務地 事業所欄参照
応募資格 2018年卒 高専、大学、大学院卒業・修了見込み者
職務内容 ◆材料評価エンジニア ◆構造物(実験・解析)評価エンジニア ◆物理解析評価エンジニア ◆化学プロセス評価エンジニア ◆スパッタリングターゲット材開発エンジニア ◆半導体検査装置開発・製作エンジニア
採用人数(予定) 技術系:30名程度
エントリー方法 マイナビ2018よりエントリーをお願いします。
エントリーいただいた方へ、説明会や選考スケジュールなどをご案内します。

仕事を知る

材料・物質工学系技術者

材料・物質工学系技術者

金属材料・セラミックス・高分子材料などを対象に、材料特性評価・事故調査・余寿命評価などの課題・問題解決のため、材料試験・物性試験・物理試験・腐食または防食試験・材料の試作またはコンサルティングなどを行います。

エネルギー・エンジニアリング系技術者

エネルギー・エンジニアリング系技術者

自動車などの輸送機、各種構造物・部材・機器類などを対象に構造実験および振動試験・音響測定などを行うと共に、コンピュータシミュレーションを駆使して、対象物の挙動を解明することにより、お客様の生産技術上のさまざまな課題・問題の解決をお手伝いします。

エレクトロニクス系技術者

エレクトロニクス系技術者

薄膜ターゲット材の開発・製造および半導体検査装置の設計・製作業務に加えて、ソリューション事業としてシリコンウェハーなど半導体の微量不純物分析、薄膜の評価、故障・不良解析、異物の同定解析などを含むコンサルティングを行います。

フォトレポート

様々な装置を用いて分析・解析を行います。

様々な装置を用いて分析・解析を行います。

最新鋭の装置も備え、お客様の課題解決への提案をします。

最新鋭の装置も備え、お客様の課題解決への提案をします。

試験とコンピュータシミュレーションができるのも当社の強み

試験とコンピュータシミュレーションができるのも当社の強み

材料の引張試験 航空機の部品の試験も行います

材料の引張試験 航空機の部品の試験も行います

GC-MSで分析。

GC-MSで分析。

誰でも自由に受講できる専門技術研修 年間延べ300回以上開催

誰でも自由に受講できる専門技術研修 年間延べ300回以上開催

入社4年目に行うOJT成果発表会 ここをクリアすれば一人前

入社4年目に行うOJT成果発表会 ここをクリアすれば一人前