KOBELCO

KOBELCO

K.S K.S

自分の新たなチャレンジにつながる機会がいっぱいです。

K.S

2014年入社

学生時代の専攻 : 情報

エンジニアリング事業部門 企画管理部 ICT企画グループ

自分の新たなチャレンジに
つながる機会がいっぱいです。

K.S

2014年入社

エンジニアリング事業部門
企画管理部 ICT企画グループ

学生時代の専攻 : 情報

課題解決の視点を育む大規模な案件に携わり、
エンジニアとしてのダイナミックな成長が得られています

K.S

基幹システム更新プロジェクトの主要メンバーとして活躍

学生時代は情報理工学部で情報システムを専攻していました。神戸製鋼所を選んだのは、鉄だけでなく、アルミや機械、溶接など様々な分野で社会を支える貢献ができると考えたことと、より規模の大きなシステム開発に携わりたかったという思いがあったから。課題解決をはかるための上流工程を中心に、規模感のある案件を多数経験することでエンジニアとしてのダイナミックな成長も図れるのではないかと考えて志望しました。
現在はエンジニアリング事業部門で、グループ会社を含むエンジニアリングセグメントの基幹システム更新プロジェクト(PJ)に中心メンバーとして参画しています。会計や購買や販売などを一元的に管理することで、経営に必要な情報をスピーディーに集め、経営の迅速な意志決定に役立つシステムを構築するPJです。私はこのPJの中で、プロジェクトマネージャーを補佐する形で進捗や品質の管理、関係者間の調整などを担当しています。

K.S

チームで業務を進めていくことの重要性を学べる毎日

このPJを通して、エンジニアとしてとても規模の大きな仕事ができていると感じています。数十年に一度あるかないかというPJであり、今後DXを実現していくための経営基盤づくりの目的も有するもの。システムの単純な置き換えではなく、抜本的な業務改革という視点のもと実行するPJで、課題解決の要素を重視していることが、エンジニアとしての大切な視点を養うことにつながっています。同時に規模の大きさゆえに携わる人が多く、チームで業務を進めていくことの重要性や検討の進め方を学べていることもありがたいです。
こうした重要なシステム更新に携われるチャンスを大事にしながら、今回のPJをやり遂げることが当面の目標ですが、そのあとは経営やビジネスの視点も学んでいきたいと考えています。経営とITは今後より密接に結びついてくるものになりますから、自分自身の新たなチャレンジにつなげていければいいな、と思っています。

K.S

VIDEO GALLERY

KOBELCOのムービー

神戸製鋼グループ紹介映像

1. 研究所の概要

2. コア技術紹介 金属組織制御技術

3. 材料系研究員インタビュー

4. 食堂・居室の紹介

5. 採用PR

WebMagazine

最新技術、ビジネスから環境などのトピックを発信中。
簡単に読めるコンテンツから、時事ネタに深く踏み込んだコンテンツまで幅広く配信しています。

News

ニュース・お知らせ

2022

Mar.

1

新卒採用ホームページをリニューアルしました!

2022

Mar.

1

選考エントリーページをオープンしました!

ご質問などがございましたら
採用担当までお問合せください。
人事労政部採用・育成グループ採用担当